ブログパーツ ★多摩の星空 🎵彡 Amazon music unlimited (4); 再生開始に起きる音飛びを回避する
fc2ブログ

🎵彡 Amazon music unlimited (4); 再生開始に起きる音飛びを回避する

この障害に気付いたのは、アリス=沙良•オットさんの新録音(7月末公開)でソナタ月光第2楽章冒頭の音飛びでした。驚いたことに、他の多くの楽曲でも、この音飛びが結構起きているのです。


◾️再生開始に起きる音飛びの詳細
再生開始とほぼ同時に演奏が始まる録音で、
  ①再生開始直後に、音飛びが起きる
  ②音飛びの時間は冒頭の2秒以下
  ③連続再生では、中間の楽章では起きない
  ④Dolby Atmos録音では一切起きない


(具体的な実例); 追試可能な情報提供です
・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番 
   第2楽章 冒頭、型式: Dolby Digital Plus
・音飛び期間; 冒頭の約2秒(cf.下記スクショ)



上記の白◯部分が音飛び期間(譜面を赤くシェイド)

↑https://www.ongakunoohanasi.com/free-scores/beethoven/sonateop27_2_2.pdf に加筆


◾️応急手当て; Fire TV stickの再起動
回復手段は、唯一Fire TV stickの再起動。回復後でも、別の楽曲を再生したり、別アプリを使用後にまた再生すると再発します。その度に再起動もできず、対策の決め手のないまま数ヶ月が流れました。



◾️現時点での暫定対策は、、
文末の ◾️推定原因と対策 に従い 、Fire TV Stick のサラウンド音響設定を、従来の「自動選択」から「Dolby Digital Plus」へ変更してみました。
【暫定対策 前】



⬇️

【暫定対策 後】

この変更以降、障害の発生は無くなりました。画面の説明では選べないはずのDolby Atmosも問題なく再生できます。現時点で一番有効な暫定対策です。出番の少ないPCMはまだ試していません。


◾️システムから見た原因の切り分け
システムは下記の①x②x③の組み合わせです。
①Fire TV Stick 4K Max
②Amazon Music Unlimited 
③JBL BAR 1000


【推察 i 】③JBL BAR 1000は除外できる
「応急手当てに①の再起動が有効」なので、サウンドバーは原因から除外できるでしょう。(残りは①、②とAmazon製品に絞ることができて、追い込みし易くなりました)


【推察 ii 】①の単体故障は除外できる
「別のFire TV Stick 4K Maxでも障害が再現」。ありがちな単体故障起因ではないようです。(相談後、新品交換(しかも翌日配送)してくれたAmazonサポートに感謝します)


【推察 iii 】②のサラウンド音響判定の不具合?
→状況証拠
    ・障害発生時は、音響表示が遅れて表示
    ・判定の早いAtmosでは障害が起きない


◾️推定原因と対策
【推定原因】
・「サラウンド音響判定を待たずに、再生を開始する」という手順誤り
・「自動判定」の設定では、選択肢が多く判定時間がかかるため再生開始に間に合わない。結果、音飛びの障害が発生する。
・この場合でも、再生開始から演奏開始まで余裕がある場合は音飛びは発生しない。
・理由は不明だが「自動判定」でも、Atmos判定は早く、常に間に合う。


【対策】
・サラウンド音響設定は、「自動判定」を回避し、選べる最高音質の「Dolby Digital Plus」を選択、選択肢を絞る。


【追記】
配信音楽再生で抑えておく重要要素としては、上述の①x②x③に加えて、ストリーム配信の安定性や速度確保があります。別記事の通り、WiFiから有線化し、さらに0.5G対応とするLANの安定化・高速化をしました。よくいわれるWiFiの憂いを一掃してあります。


(初めの記事に戻る)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

フリーエリア
ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ