ブログパーツ ★多摩の星空 ★彡 サマーセールで、広角レチクル・アイピース(照明付き)がお薦めです
fc2ブログ

★彡 サマーセールで、広角レチクル・アイピース(照明付き)がお薦めです

あちこちでサマーセールです。
SvBony日本の直販サイトで広角レチクル・アイピースSV152を購入。以前ご紹介したミニボーグ45EDIIを使った高倍率ファインダーに装着。実視野角が3倍近く広がりホントに良く見えるように。ついに併用していた純正ファインダーを撤去しました。




■実視野角= 見かけ視野角÷倍率
今回、実視野角のこの計算式を改めて噛み締めました。実視野角は、"アイピースの見かけ視野角"を"倍率"で切り取った分だ ということです。"倍率"を増やすなら、"見かけ視野角"も増やすこと。ファインダーではこの二つのバランスが大事です。あと、対物レンズの特性値が式に登場しないことに引っ掛かる方いませんか?安心下さい。焦点距離等は、倍率の数字に間接的に織り込まれています。


■高倍率ファインダーはどう変わったか?


上表のように、従来Meade 9mm適用のミニボーグ45EDII(#2)は純正ファインダー(#1)の倍率を4xしただけのもので、実視野角は1/4xと見易さに難がありました。当時は倍率を優先したため他に良いレチクル・アイピースが入手できなかったのです。仕方なく機能面で難のある純正ファインダーとの併用となり、悪いとこ採り?の結果に。


今回SV152 20mm適用のミニボーグ45EDII(#3)では、実視野角を"倍率"約半分で先ず2.2xに、さらに"見かけ視野角"広角化で1.4xに、と併せて3.1xに広げることができました。純正ファインダーと比べて、倍率約2xながら、実視野角はx0.78と十分な広さの優れモノとなりました。


■まとめ・・・広角アイピースの威力
・ホント見易い。見える星夜が変わります。
・8末あたりで終了のはずのセールがなぜか今も続いてます。国内代理店と比べると4割以下の廉価なのでお薦めです。    ^  ^



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

フリーエリア
ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ