ブログパーツ ★多摩の星空 ★彡 ASI120MMの実力見直し(3); 木星 UT:2018-05-29 木星の実写
fc2ブログ

★彡 ASI120MMの実力見直し(3); 木星 UT:2018-05-29 木星の実写

当日は細かな縞状の厚い薄雲が流れ撮影に向かない空模様。カラーカメラでは絵がパッとしないようなので、先日取り上げたモノクロームカメラASI120MMを使い木星の撮影をしてみました。

■木星 UT; 2018-05-29 13:42:30

C11, x2 Barlow, ADC, Ir-cut, North-up
ASI120MM, 120s@21fps
Shutter=56.5 ms
Gain=70 (70%)
De-rotation; 7.4m
ASI224MC, 120s@31fps
Shutter=39.25ms
Gain=420 (70%)
---
Diameter=44.21"
Magnitude=-2.47
CMI=342.0° CMII=141.4° CMIII=11.3°

薄雲で通常より一桁暗い木星なので、バーローの拡大率を3倍から2倍へ落とし、さらにシャッターを通常の5倍程度の長さに伸ばして撮影しました。

劣悪な条件のため最高感度のカラーカメラASI224MCでも拾えないSEBの明るい渦模様を、旧式モノクロームカメラASI120MM が写し出していて少し驚きました。

カラーカメラでは両極圏は暗くツルんとした印象でしたが、モノクロームカメラではウネウネと細かな帯が見えてきました。モノクロームカメラに重心を置く方が多い訳を改めて納得しました。



(つづく)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

フリーエリア
ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ