Nコン2017; 東京都予選B 小学校の部 (2); 2頭のジャガーが疾駆した


△開演前の演奏会場の様子

いよいよ予選Bの本番です。

■予選B
午前の部の演奏順は以下のようでした。
B01 目黒区立東山小学校 ; C
B02 杉並区立桃井第四小学校 ; B-
B03 清瀬市立清瀬第十小学校 ; B
B04 練馬区立関町北小学校 ; C
B05 目黒区立中目黒小学校 ; A
B06 港区立白金小学校 ; A+
B07 文京区立本郷小学校 ; B+
B08 国立市立国立第三小学校 ; B-
B09 清明学園初等学校 ; B-

コンクールの審査結果では、午前の部からは中目黒小、白金小、本郷小の3校が金賞を獲得しました。素人なりの私の評点も添えてありますが、確かに中盤に連続で登場したB05~B07の金賞3校は他より抜け出ていると感じました。

■ピアノ伴奏が決め手の課題曲?
今年の課題曲は、リズムの立ったある意味で難しい曲だと思います。指揮者が振るリズムに合わせ、ピアノ伴奏と歌声が連鎖し、曲を形造るリズムの異なる2つの曲調の交替変化を紡いで行くわけです。

ところが 今回残念なことに、ピアノ伴奏と子供達の歌声のリズムが揃わず、ピアノ伴奏が合唱の足を引っ張る例が何校か見られました。多分この不具合の原因は指揮者のリズム指示の曖昧さが根本原因だと思います。その結果としてピアノ伴奏が合唱そのものを台無しにしたようです。聴いてとても残念な気がしました。

この課題曲でのピアノ伴奏者の役割はとても重要に思いました。例えば『リズムを効かせてフォルテ!』する音が、期待に違いボンヤリ平板に奏でられてしまう残念な伴奏もありました。今年の課題曲はピアノ伴奏者を選ぶようです。

■2頭のジャガーは連続疾駆した
もう一つ着目していたのは、B04,B05の対決でした。なぜならこの2校、去年の予選金賞校同士、課題曲に加え自由曲までが重なってしまったのです。共に2日目に登場し出場順までが連続するという、まさに抽選のイタズラが起きたのです。

自由曲「ジャガーよ、僕の心を駆け抜けよ」の2校連続演奏はどのようなものでしょうか?

こういう少し本質から外れた妙な関心が集まると、期待とは裏腹に意外に盛り上がらなかったり、どちらかがいつものペースを崩し自滅したりするものですが、今回は違いました。2頭のジャガーはそれぞれの個性を発揮して見事に連続疾駆したのです。

■中目黒小の演奏
中目黒小はさすがに去年の金賞校で、演奏の出来栄えは素晴らしかったです。難しい今年の課題曲でしたが、素直な発声でバランス良く表現した演奏がとても印象的でした。

自由曲「ジャガーよ、僕の心を駆け抜けよ」はこの日初めて聴きました。こちらも曲調やテンポの対比を駆使した難度の高い曲ですね。曲の途中の生徒による姿勢変化の振り付けや最後のかけ声のポーズ決めなど曲以外でもサプライズ満載でとても楽しませてくれました。

一頭目のジャガーがレベルを超えた疾駆を見せて会場の雰囲気が一段上がりました。

■白金小の演奏
その一段高揚した雰囲気の中に登場してきたのが、同じプログラムの白金小でした。

まず白金小の演奏で気がついたのは、軽く発した発声でも、丸く響きよく揃うということです。一昨年、昨年と響きはより丸みを帯びて来たのですが、今年は意識せずとも自然に響くのです。よく揃ってます。ここは本当に良くなったと思います。ひょっとして、これは全国大会金賞校を目指すための秘密のレベルアップなのかも知れません。

'15年の東京都予選の白金小の演奏について"凄い...東京都予選 A ; Nコン2015"という記事を書いたことがあります。

------引用はじまり-------

今まで聞いたことの無いような声の共鳴がピークして響くのです。

「凄い、、、」

演奏直後、熱心なひとりの女性ファンが漏らした囁きと溜め息は、自由曲の終盤の共鳴しあう合唱の奏鳴の真ん中 - 曼陀羅 - のような世界に導かれた歓びの声だったのではないでしょうか。私はそう感じました。

------引用おわり--------

今年は"さらに丸い響きの声"の共鳴がピークするのではと耳を傾けたのですが、課題曲、自由曲ともに共鳴のピークを聴くことはできませんでした。-曼荼羅-の世界は残念ながら現れなかったのです。

不思議な結果でしたが、その理由は課題曲、自由曲ともに曲の難度が上がっているからではないでしょうか?言いかえると、課題曲、自由曲ともにまだ完成度は飽和しておらず、未だ進化中なのかも知れません。

今月9日の東京都本選では完成度はさらに上がるでしょう。共鳴する-曼荼羅-の世界に出逢えるかも知れません。揃えるというライバル校最大の強みを前にして、新たなレベルアップは期待できるのでしょうか。いよいよ対決となる本選が楽しみです。

追記
Nコンサイトには本選プログラムがすでに公開されています。それによると、ハナが白金小、トリは七生緑小だそうです。



今年のくじ引きの神様は悪戯がお好きなようです。



(つづく)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ