ブログパーツ ★多摩の星空 ★彡 C14 on an EM-200(3); 15cm程度の延長シャフトではC14はバランスしない
fc2ブログ

★彡 C14 on an EM-200(3); 15cm程度の延長シャフトではC14はバランスしない

C14 on an EM-200 のつづきです。

EM-200の最大搭載荷重以下のウェイトで、シャフト長アップで現実解があるのか試算してみます。

手持ちウェイト構成16.5Kg(=2x5+6.5)で、以下の二つについてモーメント計算をしてみました。

(1)延長シャフト(+15cm)を適用
(2)ロングシャフト(+12.6cm相当)に交換適用
((2)は強度に優れ、末端により重いウェイトを置きモーメントを稼げる)

■シャフト長アップのモーメント計算結果


①純正シャフト(41cm)でのモーメント実験
先ず、純正シャフトでC11搭載に必要なモーメントを求める実験をしてみました。これからC11搭載に必要なモーメントは610Kg•cmだとわかりました。(この時C11重量は16.6Kg(=12.5+4.1)でした)

これからC14 24.6Kg(=20.5+4.1)を搭載するには、24.6/16.6x(19+19)/(15+19)=1.66倍の1010Kg•cmが必要なことが判ります。ここで第3項、第4項の比は鏡筒の口径増によるモーメント増加分(約11%)の補正です。ラフ計算では、42x1.66-42≒28cmなのでシャフト延長は30cmくらいが必要に思えます。

②純正+延長シャフト(56cm)
延長シャフトを用いたモーメントは900Kg•cmにも届かず、予想通りC14の搭載は不可能だと判りました。

(注)延長シャフト自体の増加モーメント (41+7.5)x0.3=+14.55Kg•cmを織り込み済み。

③ロングシャフト(53.6cm);
実は、当初このロングシャフトでC14搭載が可能ではないかと期待しておりました。

その理由は二つ。(1)延長シャフトに比べ末端により重いウェイトW1(6.5Kg)を配置できること。さらに(2)W1(6.5Kg)は重心を低く固定可能で、シャフト長を実効的に凡そ6cm程度長く出来ることです。

しかし、期待のこれら2点を加味した計算でもモーメントは所要の1010Kg•cmに届きません。C14は重いんですねぇ。

(注)ロングシャフトのモーメント増加分
シャフト長増分の18.5Kg•cm (ショップ情報)を織り込み済み。

④ロング+延長シャフト(長さがNG)
これはあくまで参考計算です。ラフ計算が示すように30cm延長で、ようやくC14を搭載可能なモーメントが実現できるようです。しかし、振動の発生や取り回しも悪くなり現実的ではありません。

■纏め
・EM-200の搭載質量は17Kgと比較的低いので、公式にはC14(20.5+4.1=24.6Kg)の搭載は不可といわれています。

・延長シャフト(15cm)を使ってモーメントを稼ぐ方法でも、モーメントは900Kg•cmにも届かずC14搭載(所要1010Kg•cm)は不可だと判りました。(ウェイト16.5Kg時)

・期待のロングシャフトでも所要1010Kg•cmに届きませんでした。

・ロングシャフト+延長シャフトまでやると、C14を搭載可能なモーメントが得られます。しかし純正シャフトに対し30cm増は非現実的です。

・以上、シャフト長アップによるC14搭載の現実解は難しいようです。それでも載せたいという方は、ロングシャフト(または純正+延長シャフト)に3Kg前後の追加ウェイト※を使うしか手がありません。2割程度の過積載となるので、あくまで自己責任ということになります。

※ ②のケースで、不足を補うためには(1010/841-1)x16.5Kg=3.3Kgなので凡そ3Kg前後を追加すれば良いと判ります。

(参考)
ほしぞら工房さんでロングシャフト製作が可能です。

さらに、タカハシ自身がEM-200のロングシャフトBL仕様を追加対応しています。



(つづく)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

フリーエリア
ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ