光軸調整の精度向上(2); 粗調整支援ソフトAl's aid

次は粗調整の支援ソフトAl's aidです。

Al's collimation aid
これは"【1】粗調整"でデフォーカス像の同心化に用います。機能はきわめてシンプルで、半径を数値指定した3つの同心円を表示するテンプレートです。

ソフトを立ち上げると透明な3つの赤い同心円が表示されます。この赤い線は透明度指定が可能です。


実用例としてネットにはつぎの例が掲載されています。


回折パターンの①中央輝点、②副鏡遮蔽に対応した内円、③主鏡外縁に対応した外円にテンプレートの同心円を当てて同心化のチェックを行います。

中央輝点に対して内円、外円の同心度合いを目視で判断するのはなかなか面倒なので役立つツールだと思います。

■使用例


試しに先日C11の光軸調整を行った時に撮影してあった回折パターンにAl's collimation aidを後付けで適用してみました。操作はとても簡単でした。

この回折パターン画像はダンカン・マスクで微調整した後に撮影したものですが、同心円の同心化度合いはまずまずだったようです。

シンプルな機能のツールなので、【1】粗調整に限らず【2】や【3】での回折像判定にも適用可能です。一度試されてはいかがでしょうか?



(つづく)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ