シュミカセ光軸調整のプロセス改善(1); センサー活用による3つの改善

この所シュミカセの光軸調整のプロセス改善についてネットの海外情報を参考にしたり、実際に使えるツールか試してみたりしてきています。まだ試用中ではありますが途中状況を書いてみました。

参考サイト)

https://stargazerslounge.com/


http://www.cloudynights.com


http://www.iceinspace.com.au/

参考記事)
https://stargazerslounge.com/topic/170399-c11-collimation/

http://www.cloudynights.com/topic/481596-advice-on-collimation-tools-for-scts/

■光軸調整のプロセス改善
恒星を利用した光軸調整方法のプロセスとしてステップ[1]から[3]までの計3ステップで考えていきます。

【改善後の光軸調整プロセス】
[1]粗調整; 非焦点像の同心化
・適用ソフト: Al's collimation aid(試用中)

[2]微調整; マスク回折像の対称化
ダンカン・マスク(適用済み)

[3]判定; 回折環の対称化
・適用ソフト: Meta Guide(試用中)

それぞれに適用したソフトやハードを注記してあります。いずれも英米のアマチュア天文家のアウトプットなんですね。改めて彼我の層の厚さの差(※末尾参照)を実感します。

■プロセス改善の内容
プロセス改善のポイントは、従来の目視判定をセンサーと光軸調整ソフトを活用した方法に変えることです。これにより高感度、精細化が狙えます。

★第一の改善点
ステップ[1]の同心化は従来目視判定でしたが、今回はPC ソフトを使いモニター上で同心円テンプレートを当てて判定します。これが第一の改善点です。

★第二の改善点
第二の改善点は、ステップ[2]の光軸調整マスクによる微調整行程の追加です。直接光を目視したステップ[1]に比べ、マスクによる回折光をセンサーで検出するためより調整感度が高くなると思われます。

従来はステップ[1]からステップ[3]に直接飛んでおりました。大気の状態が良くないと回折環がよく見えませんので、結局ステップ[1]の粗調整止まりのケースがよくあります。ステップ[2]の効用や安心感は絶大です。

★第三の改善点
ステップ[3]の回折環の対称化は従来目視判定だったのを今回はセンサーを用います。くわえてMeta Guideという多機能ソフトの光軸調整機能を利用して、回折環のセンサー像をスタック処理して観測する点が第三の改善点です。中庸の大気の状態でも回折環の状態把握ができるというのが特長です。

能書きはこのくらいにして実際例をご紹介します。
(つづく)

※ 有益な海外の情報源;
ネット情報で役立ったのは欧米の海外サイトのものです。特に米国はさすがNASAの国だなと思います。

素晴らしいと思う理由の第1は
Cloudy Nights 、Stargazers Lounge、Ice in Space など世界有数の天文フォーラムが幾つもあって活発な意見交換がなされていることです。最後のは豪州サイトです。

その第2は、課題解決に際してハード、ソフト、種々な利用技術など様々な角度からの意見交換の内容が聞けることです。どちらかと言えば、利用技術に拘りがちな日本国内のネット議論の幅が少し狭く感じています。国民性の反映なのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ