C11副鏡アライメント(2); 副鏡角度を出荷時点に戻すには

誤回転事故が判明した副鏡ユニットですが、そもそも副鏡や補正版の角度はどのようにして調整され出荷されているのでしょうか?

■fastar仕様での光軸ボルトの取付角度
次の画像はセレストロン社のサイトからダウンロードしたFastar仕様のC11を含む4種類のシュミカセ鏡筒の画像を並べたものです。



光軸ボルトや補正板の取り付け角度を見るために、画像には赤と青の補助線を加えてあります。先ず鏡筒の水平3時方向に引いた赤い線を角度を測る基準線とします(副鏡に貼られている鏡筒シールのfastar の文字列の方向と一致させています)

次に反時計回りに最初に現れる光軸ボルトまでの角度を赤い線で表示しました。(青い線は補正板保持リングに印刷されたセレストロン社の社章位置の角度を示していますが今回は触れません)

写真から判ることは、
①光軸ボルトの角度は鏡筒ごとで大きく異なっています。
一方で、fasrar文字列は機種に寄らず水平に貼られています。
②出荷前の光学調整で副鏡の取り付け角度を固定した後で、鏡筒に対して水平にfastar文字列のシールを貼るのでしょう。
③ 何気なく見ていた鏡筒シールですが、決して剥がしてはいけませんね。その文字列の向きこそ出荷前の状態に副鏡アライメントを復元するための唯一の情報なのです。

▪️まとめ
予期したように、副鏡アライメントを出荷時に戻すためには、fastar文字列を水平になるよう取付れば良いようです。

ここで、補正版や副鏡はシュミカセ の組み立て工程上どのようにアライメントされているのか、もう少し知りたくなりました。


(つづく)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ