観覧のWEB応募化; Nコン2016



冒頭の画像は公開されたばかりの今年の関東甲信越ブロックコンクールの実施要領です。紫や赤で記載なななされた特記事項はいずれも観覧応募のWEB応募化への変更についてです。コンクール出場申込みのWEB応募化とは異なり、観覧の方は事前アナウンスも無かったので戸惑う人もいるようです。

https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0282964/index.html

■始まったWEB観覧応募化
昨年までは長らく往復ハガキでの応募・抽選でした。一人で複数の応募ができたので、僅かな資金力( ^ ^ )にモノを云わせた複数応募が常態化していたようです。

昨年の例ですと、セカオワの出演予定だった中学校の部の全国大会は異常な人気となりました。推測ですが応募倍率は二桁に達したのではないでしょうか。

3,600席程のNHKホールで、観覧向けの座席数は多くても2,500程度、それに対して数万通を軽く超える応募があったのではないでしょうか。愛好家にとってはプライスレスのプラチナチケットなんですね。

そんな行き過ぎの是正なのでしょう、今年からブロックコンクール観覧募集は一人一件限定のWEB応募に切り替えられました。WEB応募ではデジタル情報のエントリーができますから、住所・電話番号・メールアドレスの重複排除も可能なようです。これらは応募側の負担の軽減という意味よりも、応募対応しているNコン担当者の負担低減の意味が大きかったのだろうと思います。

応募側も無駄な手間ヒマと郵送費用が抑えられるメリットはあると思いますが、一方でネット環境を持たない一部の高齢者層にとっては、デジタルデバイドのしわ寄せも少なからずあると思います。全国大会の応募方法もWEB応募オンリーとするのか判断は難しいところだと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ