North upの火星シュミレーター像

North upの火星像に目を慣らすために、以前このブログで2回に渡りご紹介したNASA-JPLのSolar System Simulatorを使って衝前後のNorth upの火星像を並べてみました。

今年の5月29日~30日@UTの中央経度0°から約45度増すごとの8枚を並べています。こんな優れものがフリーですからNASA-JPLサイトは訪れるたびいつも感動します。

これでCM値が分かれば画像の想定が容易にできます。FireCaptureなら撮影時のCM値を提供してくれるのでとても便利です。ビギナーにありがちな疑問「火星撮ったけど何処の面?」「北はどっち?」は解消できるはずです。



下は上記の90°回転ファイルです。



これに対応した精巧な地名付きmapのサイトももちろんありますよ。こちらはまた別の機会にでもご紹介します。
.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ