火星 JST; 2016-06-06 00:17:21

今週月曜6月6日撮影の火星像の画像処理をようやく終えました。激しい西高東低の気圧配置の原因だった北方低気圧の影響も治まり、良い結果を期待していたのですが案外なので残念です。

■火星 JST; 2016-06-06 00:17:21


C11, x5 PowerMate, ADC, ASI224MC, 43s@61fps, IR cut, North up
------------------------------------
Diameter=18.49"
Magnitude=-1.92
CM=278.1°
Binning=2x2
ROI=652x488
Shutter=4.983ms
Gain=410
------------------------------------
透明度が悪い中、できるだけ高速なシャッターとするため、Binningし、Gainもノイズ量との兼ね合いで可能な上限70%で撮影しました。シーイングもさほど良くなく、さらに透明度が悪いとこのような設定にせざるを得ません。

火星独特の濃淡模様を写すため画像処理も強めとしてみたのですが、ご覧のように数日前とあまり変わらずボケボケでした。たとえば大シルチスの尖端が丸くボンヤリとしたシルエットにしか写っていません。もう少し解像度を上げたいですね。

参考 6月6日天気図

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ