火星 JST: 2016-05-29 00:04:52

ここしばらく曇りの日が続きましたが、5月28日の夜は予報通り21時頃から久しぶりに晴れてきました。月末の最接近を控え梅雨入り前の貴重な機会なので撮影することにしました。22日の火星像が良く撮れたので、さらに良くなることを期待したのですが思うような結果は得られませんでした。

■火星 JST: 2016-05-29 00:04:52


C11, x5 PowerMate, ADC, ASI224MC,120s@83fps ,IR cut, North up

Diameter=18.58"
Magnitude=-2.02
CM=345.7°
Binning=2x2
ROI=652x488
FPS (avg.)=83
Shutter=5.552ms
Gain=383

最初に近頃ルーティンになったダンカン・マスクでの光軸調整を実施し撮影開始しました。このマスクを使い始めて今回は3回目の撮影となります。22日と同じく光学系はx5 PowerMateにBinning=2x2設定です。

約5/1000秒の速いシャッターが切れているのはBinningのおかげです。ためしにBinningせずにROI=1024x768で撮ってみましたが同一ゲインでは倍以上遅いシャッターとなり画像の切れが悪くBinning撮影が常に勝りました。ちなみに22日の撮影ではシャッターは28.8/1000秒でしたがこれは劣悪な透明度を克服するためでした。

残念ながらこの速いシャッターでも画像はボンヤリでした。梅雨前に再チャレンジしたいものです。

参考; 5月28日21時 天気図


本州が高気圧に包まれて惑星撮影にとって一見良さそうな気圧配置なんですが、北西方向の低気圧との気圧差が16hpaもあって寒気が強く流れ込んでいますね。22日の気圧配置と比べてこれが悪さしたようです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ