カラヴァッジョ展@国立西洋美術館

国立西洋美術館で開催中の日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展を観てきました。

(国立西洋美術館建物前のディスプレイ)

■法悦のマグダラのマリア
今回展示の目玉は何と言っても世界初公開という逸品「法悦のマグダラのマリア」です。当日は絵の前に多くの人垣ができるほどでした。

このマグダラのマリアはキリスト教の宗教画の題材として多くの作品が世に知られています。たとえば[マグダラxマリア]で画像をGoogleで引くと、沢山の絵画を眺めることができます。

下図は画像検索結果でカラヴァッジョの作品(上から三段目の真ん中)が出てくるまでの最初の15点を並べて見たものです。(エル・グレコの作品が重複しているので正確には14点)

mm.jpg
これら多くが宗教画に特有な厳かさ、言いかたを変えれば不自由さに満ち満ちています。ひとつを除き。

そのひとつがこれ。この三段目の真ん中の作品の拡大、「法悦のマグダラのマリア」です。


(国立西洋美術館HPより)

驚くほどの自由さとしがらみからの解放感です。この作品が図抜けた作品であることを実感させますが、同時に長らく世に出なかった事情も汲み取れるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ