FC2ブログ

🎶彡 ピアノの聴き比べ~スタインウェイ x ヤマハ~

近在のキララホールの1月イベントで興味深かったのはKirara Classic レクチャー&コンサート 🎶彡 ピアノの聴き比べ~スタインウェイ x ヤマハ~です。



■どんな企画か?
ステージにはキララホール所蔵のスタインウェイとヤマハのコンサートグランドピアノが2台置かれています。昭和女子大学の川添 雅嗣教授によるレクチャー(両社の創業からの歴史と特長)に始まり、教授自ら両社の機種の弾き比べを聴かせてくれます。休憩をはさんでの第2部はかつての教え子だったというピアニスト中園理沙さんの独奏と連弾(パートナーはもちろん川添教授)でさらに弾き比べを聴かせるという内容でした。

休憩時間には観客をステージに上げ、両社のコンサートグランドの構造の違いを見せたり、実際に打鍵をさせ音の響きを聴き分けさせたりと滅多にない体験でした。

■スタインウェイとヤマハ•••両社で思うこと
今や世界的ピアノメーカーの代名詞とも言える、スタインウェイとヤマハ。この両社がいずれもピアノの誕生の地ヨーロッパから遠く離れた地で大きく成長を遂げたことに不思議な思いを抱きます。ヨーロッパから見て西の果てと東の果てなのです。そしてドイツ人と日本人がそれを成し遂げたというのも感慨深いものがあります。

■聴き比べた感想は、、、
スタインウェイの音の響きですが、鋼鉄のフレームに張られた金属弦がまさに唸るイメージです。世界中の多くのコンサートホールに設置されており多くのレコード収録に使われていますから、よく聞き慣れた響き、あぁまさにピアノだなぁという響きです。フレームという広がったイメージのためか音の定位は高低にともない比較的幅を感じます。

一方でヤマハの音の響きですが、素人にはたぶん違いが分からないだろうという予想をしておりました。かつてはピアノコンクール、例えばショパンコンクールの出場者が多く選ぶのはスタインウェイでしたが、近年ヤマハを選択する演奏者が増えてきていると聞きます。家庭用ピアノのイメージだったヤマハが、コンサート用ピアノのスタインウェイの牙城(グランドピアノ市場占有率は長らく8割超!)を脅かす存在になりつつあるというくらいです。

でも予想が外れました。

■鐘の音に聞こえるヤマハ
ヤマハの音の響きは弦ではなく鐘の響きがするので驚きました。それも鐘楼の鐘。しかも音の定位はごく狭い範囲に感じます。金属弦が鋼鉄のフレームの中で唸るイメージは微塵も無いのです。中園理沙さんの弾いた曲がカンパネラだったのでそう感じたという訳でもありません。ほぼ同様の構造からこうも違う響きが出るのはたいへん不思議に思います。

鐘楼のイメージには正直ビックリしましたが、川添先生の企画、試みは興味深いものでした。たいへん気さくなお人柄で、コーサート終了後もステージに残られて写真撮影や質問への対応をしていらっしゃいました。毎年企画があるようですね。機会があればまた参加したいと思いました。


アクセスランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

★多摩の星空

Author:★多摩の星空
多摩の星空や風物をご紹介します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブログパーツ